BIOGRAPHY

松室政哉
撮影:加賀翔(かが屋)

松室政哉(まつむろせいや)

-ポップスに選ばれた男-

1990年1月4日、大阪生まれ。
小学生の頃、カセットテープから流れたサザンオールスターズで身体中の全細胞が騒ぎ、独学で作曲を始める。

中学・高校時代にはバンド・シンガーソングライターとして、"TEEN'S MUSIC FESTIVAL"や"閃光ライオット"などのコンテストで全国大会に出場。

大阪で音楽活動を続け、22歳で上京。
現・所属事務所のオフィスオーガスタ"だけ"に送ったと言うデモテープで見出され、2017年11月1日に1st EP「毎秒、君に恋してる」でメジャーデビューすると、2nd EP「きっと愛は不公平」では全国50局以上の放送局でパワープレイを獲得し注目を集める。

2022年7月7日、テレビ朝日の木曜ドラマ『六本木クラス』の挿入歌「ゆけ。」を配信リリース。
同年11月2日には、プロデューサー/ギタリストとしてシーンを賑わすShin Sakiura、自身もシンガーソングライターとして活動しながら数多くの楽曲提供を手がける金木和也、そして松室政哉の3人がタッグを組んで作り上げた4年ぶり2枚目となるアルバム『愛だけは間違いないからね』をリリース。
タイトル曲「愛だけは間違いないからね」は、BS松竹東急ドラマ『かりあげクン』の主題歌に抜擢された。

2023年11月には、これまで自身がリスペクトするアーティストを迎えて不定期で開催してきた対バン企画“LABORATORY”から派生したコラボ楽曲企画をスタート。
第一弾として井上苑子をゲストに迎えた「ホットミルク feat.井上苑子」、第二弾としてBRADIOをゲストに迎えた「LOVEなシーン with BRADIO」を配信リリース。
そして2024年5月1日には第三弾としてThe Songbardsと共に制作した「春のうちに with The Songbards」を配信リリース。

その圧倒的なメロディーセンスとまるで映画のワンシーンのような詞世界、そしてそれらを包み込む優しく儚い歌声は聴く者の心を掴んで離さない。

また、音楽活動と並行してコラムの連載や解説動画を公開するほどの映画フリークとしても知られ、映画人としてメディアに出演することも。